“なぜ私たちは瞑想する必要があるのか?”


瞑想の世界的マスターであるダニエル・ミテルによる、
瞑想に対する疑問や実際の効果について書かれた非常に解り易い記事を和訳しました。
瞑想の素晴らしさが綴られています。ぜひお読みください。

“Meditation as a Way of Life” article by Daniel Mitel at OMTIMES MAGAZINE

“なぜ私たちは瞑想する必要があるのか?”

私の本「This Now Is Eternity」を出版した後に受けた最も興味深い質問の1つは、「なぜ瞑想する必要があるのか?」でした。 質問は、スピリチュアルなテクニックを瞑想したり実践する人々だけでなく、世界中の様々なバックグラウンドを持つ人々から来ました。

ドランヴァロ・メルキゼデグ、グレッグ・ブレイデン、ニール・ドナルド・ウォルシュなどの有名なスピリチュアルティーチャーや、クリシュナムルティ、和尚、ラーマクリシュナなどの過去1世紀の著名なマスターが、人々に瞑想を勧め、教えるのはなぜでしょうか。 今日では瞑想はほとんど“ファッション”です。 もしあなたが瞑想するなら、人々はあなたを違うタイプの人と見なします。

なぜ瞑想はそれほど重要なのでしょうか?

答えは簡単です:それはあなたをあなたの中の“センター”の1つに留めておくからです。
ヘソのセンター、ハートのセンター、または頭のセンターのどれかに。
これらの3つのセンターに関しては、その性質的には違いはありません。

禅と太極拳のマスター、武道の達人、そしてブッダはヘソのセンターにセンタリングしていました。
イエス、ラーマクリシュナ、アビラの聖テレサ、その他多くの有名なスピリチュアルマスターがハートのセンターにセンタリングしていました。
ヘッドセンターを使用したマスターはそれほど多くありません。 おそらく最も知られているのはクリシュナムルティでしょう。

これらの3つのセンターのいずれかにセンタリングしている限り、あなたは静寂にとどまります。 
あなたはまるでハリケーンの中心、完全なる静寂にいます。
あなたは観察者になり、 あなたはもはや実行者ではありません。

さて、主たる問題は、私たちが活動している間、私たちがこの状態、瞑想状態にいることができるかどうかです。
もちろん、できます。 私たちがセンターにいる限り、私たちが観察者である限り、私たちは瞑想状態にあります。 つまり、私たちはセンタリングしながらも、庭で働くことができ、友達と話すことができ、夕食を作ることができるのです。

“瞑想とニュートラルの習得”

どの様にして、混沌の真ん中にいながらセンタリングすることが可能になるのでしょうか?
どうして雑踏の真っ只中にいて、内なる静寂に居ることができるのでしょうか?
それには、目撃者になること、観察することを学ぶ必要があります。
中立であること、ただそれを“見る”ために。 これは簡単な作業ではありません。

エゴは常に「干渉できる何か」に興味深々です。「目撃」はエゴの重要な分野ではありません。 あなたのエゴはあなたに難しいことをしてほしいのです。 あなたの仕事が難しいほど、あなたのエゴはより良い気分になります。 「目撃」はとても簡単なことです。 それはとても簡単なので、あなたのエゴの興味を引くことは決してありません。

どのように瞑想すべきですか? 

最初は、特定の場所で瞑想をすることに慣れるべきです。 可能であればいつも同じ場所で。 チベットのマスターは、同じ場所で毎日瞑想することで、その場所にポジティブなエネルギーを「チャージ」し、あなたはその場所にプラーナ、生命力のエネルギーをもたらすと私に教えてくれました。 基本的に、あなたが瞑想を始めるとき、その場所はあなたを「認識する」でしょう。 古くて良い友達に会うようなものです。

第二に、私たちは快適でなければなりません。 私の生徒の多くは蓮華座(パドマサナ)を維持しようとしていますが、正しく機能していません。 関節の骨(特に膝)に負担をかけることは、良いことではありません。 椅子に座ることで十分だと思います。 または横になるのも良いですね。
最も大切なことは、背骨をまっすぐに保つことです。

最後に、私たちは笑顔で忍耐強くなければなりません。
人生が私たちにとって楽しくなく、生き急ぐなら、それは本望ではないのです。

これら3つのことをすべて行うと、遅かれ早かれ観察者になれます。
物事を周辺からではなく、センターからすべてを見ることができます。
私たちは闘争を止め、完全な降伏を達成することができます。

一部のデバイスは役立つかもしれませんが、しかし、それではうまく行きません。 イヤホンを使って特定の曲を聴きいている場合、それは必ずしも瞑想していることにはなっていません。 もちろん、私たちのマインドは波長を変えてますし、特定の音はあなたの中に落ち着きと平和を作り出すのを促します。 しかし、これが瞑想であると信じるなら、それは間違っています。 それらは役に立ちますが、それだけでは十分ではありません。

瞑想は非常に興味深い方法で機能します。
私たちは最も深い静寂の中にいますが、同時に感覚も冴えています。
私たちは気づき、感覚は冴え、注意深くもあります。

瞑想を通して内なる世界に到達する

瞑想の最も楽しいが最も難しい瞬間は、私たちが内なる世界の美しい体験をするときです。
ここには大きな罠があります。
私たちはこれらの体験にとらわれ、それ以上進むことができなくなる可能性があります。

瞑想の最終的な瞬間というのは、これらすべての美しい体験が消える瞬間です。 
私たちは何も、イメージも残しません。完全に一人です。 
旅は美しいですが、どこかに立ち止まる必要はありません。
私たちがすべての星、花、山を通過するとき、私たちがすべての銀河と光の川を通過するとき、まさにその時、私たちは目撃者・観察者になることができます。

その瞬間、私たち自身が観察の対象になります。
私たちは自分自身を目撃・観察しています。
それは私たち自身の意識が自分自身を見ることができることを意味します。

クリシュナムルティは、「意識は、意識それ自身の内容全体を認識できる」と述べました。
言い換えれば、観察者は観察対象物になると。 

その瞬間、私たちは静寂の中にいますが、しかし完全に生き生きとし、エネルギーと生命に満ちています。
平和の中にいますが、力と活力に満ちています。
これは瞑想する非常に良い理由のようです。

“Why do we need to meditate?”

One of the most interesting questions I have received after publishing my book “This Now Is Eternity” was, “Why do we need to meditate?” The questions came from all over the world and from people with different backgrounds, not just people who meditate or practice a spiritual technique.

Why do so many renowned spiritual teachers, such as Drunvalo Melchizedek, Gregg Braden, and Neale Donald Walsch, and some highly recognized masters of past century, like Krishnamurti, Osho, and Ramakrishna, recommend and teach people to meditate? It is almost a fashion now. If you meditate, people consider you different.

Why is meditation so important?

Well, the answer is simple: because it keeps you in one of your centers. It can be the navel center, it can be the heart center or it can be the head center. There is no difference, qualitative speaking, regarding these three centers.

The Zen and Tai Chi masters are centered in the navel center. The martial arts masters are centered in the navel center. Buddha was centered in the navel center.

Well-known spiritual masters—Jesus, Ramakrishna, Teresa de Avila, and many others—were centered in their heart center.

Not too many masters used their head center; probably the most acclaimed was Krishnamurti.

As long as you are centered in any of these three centers you are going to be in silence. You are in the center of the hurricane, utterly silent. You become the watcher; you are not a doer anymore.

Now the main question is if we can be in this state, in a meditative state, while we are acting. Of course, we can. As long as we remain in the center, as long as we are a watcher, we are in a meditative state. I mean we can work in our gardens, we can speak with our friends, we can make dinner, and we can still be centered.

Meditation and Mastering the Neutral

How it is possible to be in the middle of the crowd and be centered? How it is possible to be in the middle of the noise and be quiet inside? Well, we need to learn to witness. We need to learn to observe; to be neutral, just to watch it. This is not an easy task.

The ego is always interested in something where it can interfere. Witnessing is not its strong point. Your ego wants you to do difficult things; the more difficult are your tasks, the better your ego will feel. Witnessing is something very easy. Because it is so easy it will never have any appeal to your ego.

How should we meditate? At the beginning, we should get accustomed to do our meditations in a specific place; the same place if it is possible. The Tibetan masters told me that meditating day by day in the same place “charges” the spot with positive energy, you bring prana, life-force energy there, in that place. Basically the place is going to “recognize”you when you will start to meditate. It is like you are going to meet an old, good friend.

Secondly we should be comfortable. Many of my students are trying to keep the lotus posture (Padmasana) but it doesn’t work properly. Forcing our joint-bones (especially the knees) is not the best thing we want to do. I would say that using a chair is enough; or laying down is good too. The most important thing is to keep our spine straight.

Last, but not the least, we should smile and have patience. If life is not fun for us and we are in a hurry, then it is not going to work.

If we do all these three things, sooner or later we will become observers. We will be able to see all things from the center, not from the periphery. We will be able to stop the struggle and achieve total surrender.

Some external devices might help but it doesn’t get us there. If we use earphones and we listen to a specific song, it doesn’t necessarily mean we are meditating. Of course our minds are changing wavelength and a specific sound can help to create calmness and peace inside of you. But if we believe that this is meditation we are wrong. It helps but it is not enough.

Meditation works in a very interesting way: we are in the deepest silence but we are also alert. We are aware, alert, and vigilant.

Reaching Inner Worlds through Meditation

The most pleasant but also the most difficult moment of meditation is when we have the beautiful experiences of our inner world. There is a big trap here; we can get stuck in these experiences and not be able to move further.

The final moment of meditation is the moment when all these beautiful experiences disappear. We are left with nothing, no images, absolutely alone. The journey is beautiful, but we don’t need to stop anywhere. When we pass all the stars, the flowers and mountains, when we pass all the galaxies and rivers of light then, and just then, we are able to be a witness.

In that moment we, ourselves, become the subject of observation. We are witnessing ourselves. That means that our own consciousness can see itself.

At a 1979 spiritual conference held in Brockwood Park, in the U.K., Krishnamurti said that consciousness can be aware of its whole content. In other words, Krishnamurti said that the observer becomes the observed. In that moment we are in silence but we are absolutely alive, filled with energy and life. We are in peace but we are filled with strength and vitality.

This seems to be a very good reason to meditate.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。